「デザインセッション多摩2021」開催のお知らせ
特設サイトへ

NEWS

イベント

2022.02.04

「デザインセッション多摩2021」開催のお知らせ

デザインセッション多摩2021 DeST  デスト

デザイン学部が地域連携事業として開催している「デザインセッション多摩(DeSTデスト)」は、「多摩エリア」に住み、働き、学び、遊び、活動する仲間がつながり共に考え、デザインの力を活かしたプロジェクトを増やしていくためのプラットフォームです。

これまで「シビックプライド」「都市農業」「こどもと学び」「木でつなぐ山とまち」をテーマに毎年開催し、今回2021年度のテーマは、「サードプレイス」です。

家でも仕事場でもない第3の場所であるサードプレイス。これからの時代に求められるサードプレイスを実現できたら、地域はもっと魅力的になっていくはず。その時、デザインの力はどう活かせるのか。多様な立場の人と、前向きに話し合い、考え、交流する機会になれば幸いです。

デザインセッション多摩(DeSTデスト)は、2部構成。

1部の「トークセッション」では、「サードプレイスの現状とこれからの可能性」を話し合います。

2部の「ワークセッション」では、「これからのサードプレイス」のあり方を考え、発表します。


開催日時

日時:2022年3月5日[ 土 ] 10:00-19:00

会場:第1部 トークセッション Zoom会議システムでのオンライン開催

   第2部 ワークセッション 多摩エリアの10拠点でリアル開催

定員:第1部 トークセッション 10:00-12:30 オンライン参加200名

   第2部 ワークセッション 13:30-19:00 リアル会場参加60名(各会場6名)

参加費:無料

申込方法:下記、申込フォームからお申し込みください。

1部、2部ともに申込先着順です。 ※定員になり次第締め切ります。

お問合せ:042-591-5230(デザイン学部支援センター)

koukai@design.meisei-u.ac.jp


トークセッション・パネラー

影山 知明 かげやま ともあき 

クルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店 店主

北池 智一郎 きたいけ ともいちろう

株式会社タウンキッチン 代表取締役

薩川 良弥  さつかわ りょうや

合同会社パッチワークス代表 / 空き家をスナックする会主宰

坂根 千里 さかね ちさと

スナック水中 ママ


企画・進行

萩原 修  はぎわら しゅう

プロジェクトデザイナー  明星大学デザイン学部教授

ワークセッション リーダー・サードプレイス・市町村

01 佐藤 竜馬    DELTA EAST 福生市

02 奥田 博伸 つくるの家 八王子市

03 横溝 惇 メガネキッチン   多摩市  

04 齋藤 紘良    簗田寺 町田市  

05 糟谷 明範    the town stand FLAT 府中市

06 酒井 博基    TAMA NEW VILLAGE 国分寺市

07 種生 芽実    とをが 小金井市

08 出口 みちたか   茶間茶間     小平市  

09 中村 晋也 ヤギサワベース 西東京市

10 中西 功 ブックマンション 武蔵野市 


主催 明星大学デザイン学部デザイン学科

アートディレクション 丸山 晶崇

ウェブデザイン 榊原 彰

編集 野村 智子

映像 佐藤 洋輔(地域と映像) 

ファシリテーター 河野 奈保子

特設サイト https://meide.jp/dest2021/ 

top