2つのコースと6つの専門分野

デザインの視野を広げ、
美的構成力を獲得するための
2コース6分野。

6分野の目的は、デザインの引き出しを増やし、美的構成力を育てること。
具体的には、デザインする上で必要となる具体的な技術や考え方を、手を動かし、自ら体験することで身につけます。さらにその成果は、企画表現演習につながり、〈本当のデザイン=企画×表現〉を充実させます。
2コース6分野の中から、1年後期に選択したコースを中心に、学期ごとに最大2分野まで履修することができます。ひとつの分野をつづけて深く学ぶことも、興味のある分野を広く複数学ぶことも可能です。

※分野の科目を履修する場合は、それぞれのコースに設置された「基礎演習」科目の単位を取得しなければなりません。また所属コース以外の分野を履修する場合や履修希望者が多数の場合には制限があります。

  • 視覚デザインコース

    グラフィックデザイン

    レイアウトと写真表現、イラストレーションの歴史から最新のCG技術、

    企業活動や商品販売におけるブランディングについて学びます。

    グラフィックデザインブランディングデザイン「化粧品ブランドBIJOUのデザイン」ブランドロゴタイプ、パッケージ、ポスター、パンフレット
    ※イメージ写真は、ブランディングデザイン例、明星大学造形芸術学部「ビジュアルデザインコース」の学生作品を使用しています。
  • 視覚デザインコース

    マンガデザイン

    マンガは、物語やメッセージを印象的に伝えるビジュアル・メディアです。絵、文字、コマなどを総合的にデザインして、誰にもわかりやすく魅力的な表現を生み出すことを目指します。

    マンガデザイン※イメージ写真は、明星大学造形芸術学部「まんが研究会」の学生作品を使用しています。
  • 視覚デザインコース

    メディアデザイン

    社会の情報化に対応したツール・サービスをデザインします。様々なデザイン分野とテクノロジーを結び、メディアの特性を活かしたコミュニケーションを提案します。

    メディアデザイン1ゆれる動きを色光に変換し体験するメディア・インスタレーション
    メディアデザイン2非日常的に影を体験するメディア・インスタレーション
    メディアデザイン3生活シーンによって色光が変化する照明の提案
    メディアデザイン4デザインとテクノロジーを結びつけるための電子回路の設計・制作技術
  • 生活デザインコース

    プロダクトデザイン

    暮らしにおける様々な道具をデザインします。機能性や美しさ、楽しさだけではなく、環境や社会を見据えた有意義な道具づくりを目指します。

    プロダクトデザイン※イメージ写真は、明星大学造形芸術学部「プロダクトデザインコース」の学生作品を使用しています。
  • 生活デザインコース

    インテリアデザイン

    インテリアデザインでは、住宅のインテリアや改装、ショップデザイン、ディスプレイなど様々な空間デザインを学びます。暮らしやショッピングをより楽しく、豊かにするための空間をデザインします。

    インテリアデザイン
  • 生活デザインコース

    ファッションデザイン

    ファッションデザインでは、常に社会の動き(時間の流れ)と人(身体とこころ)との関係を意識することで、あらゆる視点からファッションを考察し、新しい表現を発信していきます。

    ファッションデザイン※イメージ写真は、明星大学造形芸術学部「ファッションデザインコース」の学生作品を使用しています。