公開講座 「仕事とデザイン」開催のお知らせ


明星大学デザイン学部 公開講座
「仕事とデザイン」

これからの仕事に活かす
これからのデザイン力

戦後70年を経て、社会が変わる中で、デザインの仕事も変化してきました。これからの社会において、デザインはどのような役割を担っていくのでしょうか。昨年からはじまった明星大学デザイン学部デザイン学科では、これからの社会で役立つデザインを目指して、従来の狭い範囲のデザインの枠にとどまることなく、様々な仕事に活かせるような柔軟な発想のデザイン教育をおこなっています。
この公開講座では、これからの仕事において必要とされるデザイン力について、それぞれに立場の異なる3名から話を聞き、仕事とデザインのより良い関係について考えていきたいと思います。社会に役立つデザインを学びたいと考えている高校生。学んでいるデザインが仕事にどう活かせるのか知りたい大学生。自分の仕事とデザインの関係を見直してみたい若手デザイナー。自分の仕事にデザインを取り入れたいと模索している社会人。自分の会社にデザインを活かしたいと考えている経営者。日常の暮らしの中でデザインのことが気になっている生活者。地域をもっと暮らしやすくしたいと活動している行政やNPOなどの団体に所属している人など。多様な人が集まり、それぞれの立場から「これからの仕事に活かす これからのデザイン力」について考えるきっかけになれば幸いです。

特設サイト(詳しくはこちら)

■出演
桐山登志樹(デザインディレクター、株式会社TRUNK代表)
鈴木淳(台東デザイナーズビレッジ村長、株式会社ソーシャルデザイン研究所代表)
ナカムラケンタ(日本仕事百貨、株式会社シゴトヒト代表)
西本剛己(明星大学デザイン学部学部長)

■進行
萩原 修(明星大学デザイン学部 教授)

■主催
明星大学 デザイン学部 デザイン学科

■日時
2015年12月12日[土] 13:30〜17:00

■会場
明星大学日野キャンパス 32号館108教室
〒191−8506 東京都日野市程久保2−1−1
※お車でのご来校はご遠慮ください。

■定員
200名

■参加費
無料(申込先着順)
※参加された方には、小冊子「これからの仕事に活かす これからのデザイン力」をお渡しする予定です。この冊子は、デザインを学び、仕事に活かしている15人を取材し、公開講座でお話いただく3人の話を含め、企画力、コミュニケーション力など、これからの仕事に必要なデザイン力はどんなものかをまとめたものです。講座とあわせて、考えるきっかけにしてください。

■申込方法
以下の内容を明記の上、メールにてお申し込みください。
koukai@design.meisei-u.ac.jp
1:氏名(ふりがな)
2:職業 
3:住所 
4:携帯電話 
5:メールアドレス
6:聞きたいこと、話したいこと
7:参加人数

■お問合せ
042−591−5111(平日9:00〜17:00)

■スケジュール
13:00 開場 
13:30〜13:35   はじめに
13:35〜14:00  「社会に必要とされるデザイン教育」 
           西本剛己(明星大学デザイン学部学部長)
14:00〜14:25  「社会が変わるとデザインの仕事も変わる」
           桐山登志樹(デザインディレクター、株式会社TRUNK代表)
14:25〜14:50  「モノづくり、マチづくりのデザイン」
           鈴木淳(台東デザイナーズビレッジ村長、
           株式会社ソーシャルデザイン研究所代表)
14:50〜15:15  「生きるように働くためのデザイン」
           ナカムラケンタ(日本仕事百貨、株式会社シゴトヒト代表)
15:15〜15:30   休憩
15:30〜16:30   トークセッション
          「これからの仕事に活かす これからのデザイン力」
16:30〜17:30   質疑応答 まとめ 

■出演者プロフィール   

桐山登志樹 きりやま・としき
デザインディレクター、株式会社TRUNK代表
1952年長野県生まれ。技術研究所、広告・マーケティング誌やデザイン誌の編集者を経て、96年に独立。まだ確立されていなかったデザインのプロデュース、ディレクションを目的とする会社TRUNKを設立し代表取締役に。93年に富山県総合デザインセンター・デザインディレクター就任を皮切りに、日本各地の地域振興や海外に日本のデザインを紹介する仕事に関わっている。15年ミラノ国際博覧会日本館広報・行事プロデューサーに就任。
http://www.trunk-design.jp/     

鈴木淳 すずき・じゅん
台東デザイナーズビレッジ村長、株式会社ソーシャルデザイン研究所 代表取締役
1966年生まれ。90年千葉大学工学部意匠科卒業後、鐘紡株式会社入社、カネボウファッション研究所に。98年ユニバーサルファッション協会設立、3年かけてNPO法人として軌道にのせる。04年にファッション関連創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」の村長に就任し、多くの新人デザイナーの創業支援と育成指導を行い、卒業ブランドを輩出。11年、モノづくりの町おこしイベント「モノマチ」をスタートさせる。
http://designers-village.com/

      
ナカムラケンタ
日本仕事百貨、株式会社シゴトヒト代表
1979年東京都生まれ。明治大学建築学科卒業後、不動産会社に入り、商業施設などの企画運営に携わる。その後、「いい場所には、そこに合った人がいる」ことに気づき、08年に生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨(当時は、東京仕事百貨)を立ち上げる。「シブヤ大学しごと課」「シゴトヒト文庫」のディレクター、グッドデザイン賞審査委員、「リトルトーキョー」の企画・デザインなど、ウェブサイトを飛び出して活動の幅を広げる。
http://shigoto100.com/

西本剛己 にしもと・たけみ
明星大学デザイン学部 学部長
1961年生まれ。筑波大学大学院修了後、89年より現代美術家として活動を開始。「愛・地球博」では日本館代表アーティストを務める。大掛かりで触覚性の強いインスタレーション作品を特徴としている。一方、01年に「ARTLAB+(アートラボ・プラス)」をスタート。店舗設計、展示会の空間デザイン、ディスプレイ、グラフィックデザイン、ウェブデザイン等、活動の巾を広げる。05年より明星大学で教鞭をとり、14年より新しく設立されたデザイン学部の学部長となる。
http://www.artlabplus.com/

萩原 修 はぎわら・しゅう
明星大学デザイン学部 教授
1961年生まれ。国分寺育ち。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONEを経て独立。日用品、住宅、店、展覧会、書籍などの企画、編集、プロデュース、ディレクションを手がける。「つくし文具店」「かみの工作所」「たまら・び」「東京にしがわ大学」「中央線デザインネットワーク」「国立本店」「西荻紙店」「国分寺さんち」などのプロジェクトを推進。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」など。
http://www.shuhenka.net/

仕事とデザイン 
仕事とデザイン 

※クリックすると拡大されます。