Design Session Tama 2017
2017.11.18.sat
09:00-19:00

明星大学日野キャンパス 32号館

デザインで
地域を
どうする?
A.

デザインセッション多摩 2017

デザインの答えは、ひとつではありません。地域をリサーチして、課題を明確にして、資源を活用して、魅力を引き出して、アイデアを出し合い、できることを持ち寄り、プロジェクトを立ち上げて、課題を解決して、価値を創造して、地域の暮らしを豊かにして、自分たちが求める未来に近づいていく。個性的な30市町村があり、約420万人が暮らす東京の西側に位置する「多摩」。この地域で、共感する仲間がつながり、デザインの可能性を共に考え、デザインを活かした活動を増やすプラットフォームが「デザインセッション多摩(DeSTデスト)」。デザイナーをはじめ、学生、市民、商店主、経営者、会社員、公務員など、この地域に住み、働き、学び、遊ぶ人が集まり、自らできること、やりたいことを持ち寄り、デザインの力を活かしたイベント、場所、モノ、メディア、そしてプロジェクトを増やしていきます。

2017年のテーマは、「シビックプライド Civic Pride」

今年のテーマは、「シビックプライド」。19世紀のイギリスで広まった考え方で、地域に対する愛着を持つだけでなく、住んでいたり、働いていたり、遊びにいったりする街に誇りを持ち、自分自身が主体となって活動して、地域を良くしていこうとすること。日本でも、昔ながらの地域のコミュニティが弱まり、自分たちの地域を見直す動きの中で注目されています。ソーシャルメディアなどの活用によって、地域での新たなつながりが生まれ、それぞれの得意なことを持ち寄って、主体的に地域を良くしていくための活動がまさに「シビックプライド」です。

今年スタートする「デザインセッション多摩(DeSTデスト)」は、2部構成。
1部の「ワークセッション」では、「シビックプライド」をテーマに、地域で活動する10人のクリエーターがリーダーとなり、行政や企業、市民など様々な立場の人がグループになり、デザインを活用したプロジェクトを企画します。
2部の「トークセッション」では、テーマの「シビックプライド」についての理解を深め、多摩地域の特徴について掘り下げ、1部で考えたプロジェクトの発表をもとに、この地域におけるデザインの可能性を検証します。

資料のダウンロード(約6.0MB)

― テーマ Theme

シビックプライド Civic Pride

目的

  • 地域におけるデザインの可能性を考える
  • 地域のデザインネットワークをつくる
  • 地域にデザインを活かした活動を増やす

こんな人に参加してほしい

  • 地域を良くするために地域で活動している人
  • これから地域で活動したいと思っている人
  • 地域にデザインの力を活かしたいと考えている人
日時
11月18日[土] 09:00 – 19:00
会場
明星大学日野キャンパス32号館
〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1 アクセス
参加定員
第1部 ワークセッション 09:00–19:00 80名
第2部 トークセッション 15:00–19:00 200名
参加費
無料
申込方法
下記フォームからお申し込みください。
第1部は、抽選(申込締切11月15日[水])
※ご参加いただける方にはご連絡します。
第1部 お申し込みフォーム 第2部は、申込先着順
※定員になり次第締め切ります。
第2部 お申し込みフォーム
お問合せ
042-591-5230(デザイン学部支援室)
koukai@design.meisei-u.ac.jp

内容

第1部 ワークセッション

開場09:00
クロスセッション190分大演習室 09:15 – 10:45
休憩15分10:45 – 11:00
クロスセッション290分大演習室 11:00 – 12:30
昼休憩60分多目的スタジオ12:30 – 13:30
クロスセッション3 90分大演習室13:30 – 15:00

第2部 トークセッション

開場15:00
トークセッション1 45分32-10815:15 – 16:00
トークセッション260分32-10816:00 – 17:00
休憩15分 17:00 – 17:15
トークセッション345分32-10817:15 – 18:00
交流会60分多目的スタジオ18:00 – 19:00

トークセッションパネラー

紫牟田 伸子

紫牟田 伸子(しむた・のぶこ)

編集家/デザインプロデューサー

美術出版社、日本デザインセンターを経て、2011年に独立。「ものごとの編集」を軸に、商品開発、ブランディング、PR戦略などに携わる。主な著書に『シビックプライド』『シビックプライド2』(共著/宣伝会議/2008、2015)、『日本のシビックエコノミー』(編著/フィルムアート社/2016)など。

長島 剛

長島 剛(ながしま つよし)

多摩信用金庫 地域連携支援部長

1988年多摩中央信用金庫入庫。1997年「多摩らいふ倶楽部」を立ち上げた。2009年たましん事業支援センター長、2011年より現職。同年「課題解決プラットホームTAMA」の運営開始や「東京・多摩のおみやげプロジェクト」の立ち上げに関わる。2013年には「創業支援センターTAMA」を開設。

進行

萩原 修

萩原 修(はぎわら しゅう)

明星大学デザイン学部教授/デザインディレクター

武蔵野美術大学卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONE経て、2004年独立。日用品、店、住宅、展覧会、書籍などを企画・プロデュース。つくし文具店、コド・モノ・コト、中央線デザインネットワークなど独自のプロジェクトを立上げ育てる。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」など。

ファシリテーター

洪 華奈

洪 華奈(ほん ふぁな)

コーディネーター

1984年滋賀県生まれ。成安造形大学卒業後、照明メーカーで商品企画に携わる。退職後、2011年よりコミュニティデザインに取り組むstudio-Lに参画。立川市子ども未来センターの市民活動支援、千葉県睦沢町の魅力づくり事業等に携わる。2017年「株式会社と」を立ち上げる。

横須賀 ヨシユキ

横須賀 ヨシユキ(よこすか よしゆき)

1979年 東京都生まれ。多摩美術大学美術学部工芸学科卒。2005年よりフリーランスで造形ワークショップの研究開発。こどもの城、柏の葉アーバンデザインセンター、象の鼻テラスなどで活動。経験・価値のデザインをミッションに、公民学連携の体験型アートプロジェクトを企画設計。

ワークセッション・リーダー

阿部 良寛

01 阿部 良寛(あべ りょうかん)

カメラマン|羽村市

1976年東京生まれ。立教大学卒業後、ポストプロダクション勤務を 経て 2004 年よりフリーランス・フォトグラファーとして活動を開始。ヘッドホンや食器、ステーショナリー、家具など様々なプロダクトの物撮りを中心に、ポートレート、建築、インテリアなどを撮影。多摩地域を拠点に絶賛活動中。

伊藤 貴大

02 伊藤 貴大(いとう たかひろ)

設計者|国分寺市

1981年国分寺市生まれ、立川市在住。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修了。当時の専門は物を扱うときの操作体系。その後内装設計施工会社にて店舗の設計施工、プロジェクトマネジメント、デザイン団体での企画運営等を経て現在はフリーランス。主に公共施設サインの計画および設計の他、個人店向けのサインの設計および制作を行う。

小坂 タイチ

03 小坂 タイチ(こさか たいち)

イラストレーター|三鷹市

伝わるイラストレーション、意味のあるデザインを心がけています。ナショナルメーカーのSPツールの制作や、雑誌・書籍・広告など様々なメディアでイラストを提供。地域ではご当地キャラクター、ご当地カルタの制作。クリエイター19年目ですが未だに暮らしと仕事を模索中。

高須賀 文子

04 高須賀 文子(たかすか あやこ)

グラフィックデザイナー|八王子市

1985年6月16日生まれ。下町育ち。2009年東京造形大学卒業後、八王子で見つけた築50年の一軒家を改装しデザイン会社TRICKYをスタート。デザイン業務の傍ら、面白いお店を1店舗だけ特集するフリーペーパーidol(vol.50)を発行。地域イベント等を手掛ける。2015年株式会社トリッキー 設立。

中村 哲也

05 中村 哲也(なかむら てつや)

ウェブデザイナー|武蔵野市

三鷹市出身。デザイン事務所、ウェブ制作会社、アウトドアメーカーを経て独立。ウェブサイトやEコマースの企画・ディレクションからクリエイティブ制作・開発までを手がける。その他、イベントの企画・運営、写真展なども行う。2016年から画用紙を使って、より良い暮らしにつなげる活動「がようしラボ」にメンバーとして参加。

萩原 雅之

06 萩原 雅之(はぎわら まさゆき)

デザイナー|西東京市

西東京市生まれ、西東京市育ち。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、メーカー勤務を経て独立。 家具・インテリアプロダクトを中心に、国内外にて商品開発プロジェクトに従事。子煩悩で典型的なO型。小さくてシンプルで難しい物が好きです。

福田 忍

07 福田 忍(ふくだ しのぶ)

グラフィックデザイナー|東村山市

創形美術学校グラフィックデザイン課卒業。リクルートガーディアンガーデン「ひとつぼ展」グランプリ受賞他。アートディレクター伊藤桂司氏に師事し、独立後フリーに。2013年、地元である東村山るるぶの制作をきっかけに地域に根ざした制作物やイベントの企画制作に携わる。2017年5月合同会社ハチコク社/859 publishing設立。

古田 裕

08 古田 裕(ふるた ゆたか)

グラフィックデザイナー|調布市

1974年長野県飯田市生まれ。数社のデザイン事務所を経て2015年よりフリーランス。吉祥寺、調布を拠点に「地域に根ざしたデザイナー」を標榜。地域リデザインカンパニー「合同会社パッチワークス」メンバー。野外映画館「ねぶくろシネマ」や建物のお葬式「棟下式(むねおろしき)」、ミニ商店街実験市「いっぴんいち」などの企画・制作に携わる。

やまさき 薫

09 やまさき 薫(やまさき かおる)

イラストレーター|小金井市

1981年鹿児島県鹿屋生まれ東京都小金井在住。作品制作やワークショップを中心に「暮らすこと、つくること、伝えること」を大切にしたものづくりを目指す。東小金井の高架下、5組の作り手によるアトリエ併設のストア「atelier tempo [アトリエテンポ]」内にて『絵とデザインのアトリエ「ヤマコヤ」』を主宰。

和久 倫也

10 和久 倫也(わく ともなり)

一級建築士|国立市

1979年 東京都日野市に生まれる。桐朋高等学校卒業、東京都立大学工学部建築学科卒業後、同大学院修了 2008年 WAKUWORKS 一級建築士事務所設立。江戸時代からの旧家の再生活用「やぼろじ」、檜原村の奥山集落づくり「湯久保宿」、日本各地の里山や井戸環境の改善「大地の再生講座結の杜づくり」に取り組んでいる。