明星大学デザイン学部 公開講座「教育とデザイン」
20161119日(土)13:30−17:00
定員/200名 参加費/無料(申込先着順) 会場/明星大学日野キャンパス 32号館108教室

明星大学デザイン学部 公開講座「教育とデザイン」

明星大学デザイン学部 公開講座「教育とデザイン」

これからの社会に活かす
これからのデザインの学び方

2016年11月19日(土)13:30−17:00

概 要

3年前からはじまった明星大学デザイン学部デザイン学科では、これからの社会で役立つデザインを目指して、従来の狭い範囲の専門的なデザインの枠にとどまることなく、柔軟な発想で地域に開かれた総合大学ならではのデザイン教育をおこなっています。
社会が変わる中で、デザインの役割が変化し、それにともないデザインの教育も変化しています。これからの社会において、デザインをどのように学んでいけばいいのでしょうか。この公開講座では、これからの社会や生活に必要とされるデザインの学び方について、デザイン教育を実践する4名から話を聞き、デザインと教育のより良い関係について考えていきたいと思います。
社会に役立つデザインを学びたいと考えている高校生。学んでいるデザインが仕事にどう活かせるのか知りたい大学生。自分の仕事とデザインの関係を見直してみたい若手デザイナー。自分の仕事にデザインを取り入れたいと模索している社会人。自分の会社にデザインを活かしたいと考えている経営者。地域で暮らす中でデザインのことが気になっている生活者。地域をもっと暮らしやすくしたいと活動している行政やNPOなどの団体に所属している人など。多様な人が集まり、それぞれの立場から「これからの社会に活かす これからのデザインの学び方」について考えるきっかけになれば幸いです。

出演
  • 齋藤 啓子(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 教授)
  • 鉄矢 悦朗(東京学芸大学 芸術・スポーツ科学系美術分野 教授)
  • 早川 克美(京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部 芸術教養学科 准教授)
  • 池谷 聡(明星大学 デザイン学部 デザイン学科 准教授)
進行
萩原 修(明星大学 デザイン学部 デザイン学科 教授)
主催
明星大学 デザイン学部 デザイン学科
定員
200名
参加費
無料(申込先着順)
申込方法
以下のフォームよりお申し込みください。
お問合せ
042-591-5230(平日9:00-17:00)

お申し込み

スケジュール

13:00
開場
13:30 – 13:35
はじめに
13:35 – 14:00
①「仕事に役立つデザイン力の育成」 池谷 聡(明星大学 デザイン学部 准教授)
14:05 – 14:30
②「地域社会につながるデザイン教育」 齋藤啓子(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科教授)
14:35 – 15:00
③「デザインを学んで教育者になる」 鉄矢悦朗(東京学芸大学 芸術・スポーツ科学系美術分野 教授)
15:05 – 15:30
④「社会人教養としてのデザイン教育」 早川克美(京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部 芸術教養学科 准教授)
15:30 – 15:45
休憩
15:45 – 16:45
トーク「デザインを学んでできること」
16:45 – 17:00
質疑応答 まとめ

出演者プロフィール

齋藤 啓子

池谷 聡 いけがや ただし

明星大学 デザイン学部 デザイン学科 准教授

静岡県生まれ 大学卒業後、リクルートにて広告の企画提案業務に従事。その後、ウィル・シード、リアセックなど教育や能力開発を専門とする企業に従事。現在に至る。教育工学・能力開発を専門としている。特に、大学生・新入社員が組織等に適応し成果を出す上で共通して必要な能力(ジェネリックスキル)の育成を中心に、教育・研究をしている。

マップづくりワークショップ
企画表現演習3:フィールドワークやアンケートなど調査・分析する力をつける授業。学生は、リサーチ力を身に付け、根拠を持って企画立案する力を高めていく。
マップづくりワークショップ
企画表現演習5:クライアント(自治体)が抱えるリアルな課題解決に向けて企画提案する授業。学生は、スーツを着用してクライアントへのプレゼンテーションに望む。
齋藤 啓子

齋藤 啓子 さいとう けいこ

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 教授

福島県生まれ。武蔵野美術大学大学院修了後、世田谷区都市デザイン室、世田谷まちづくりセンターに勤務。参加をテーマにしたまちづくりの企画・運営に携わる。大学と地域を結ぶコミュニティワークショップを継続し、自治的な場づくりへ向けてデザインの領域を拡張中。著書に『やさしいまちづくりデザインノート 1~7』(世田谷区)『参加のデザイン道具箱part4』(世田谷まちづくりセンター)など。
詳しいプロフィール

マップづくりワークショップ
記憶に残る物語をもとにしたマップづくりワークショップ。市内のNPOと大学の学生たちとの交流を目的にオープンキャンパス公開授業としてゼミ生が企画。
マップづくりワークショップ
1970年代、世田谷に出現した住民と学生と専門家が協力して運営する冒険遊び場。地域社会とデザイン教育が出会ったコミュニティの現場のひとつだ。
齋藤 啓子

鉄矢 悦朗 てつや えつろう

東京学芸大学 芸術・スポーツ科学系美術分野 教授

東京都生まれ。東京藝術大学大学院修了。モノづくり、コトづくり、バづくりをキーワードに、建築・空間デザイン/デザイン教育/ものづくり教育の研究と実践を行っているとともに、教育者の育成に従事。05年より「遊びが最高の学び」をモットーにNPO東京学芸大こども未来研究所の礎となる「こども未来プロジェクト」をメンバーと設立。産学や異分野連携、市民協働などの活動を積極的に展開している。
詳しいプロフィール

マップづくりワークショップ
メキシコ・チアパス州立芸術科学大学生らと大学近くの私立のサラサール小学校で行ったワークショップ(WS)。
マップづくりワークショップ
新聞紙の構造体WSの事例(免許状更新講習より)。参加者は、当該WSを通じてモノづくりからコトやバづくり、そしてカンケイづくりを感得する。
齋藤 啓子

早川 克美 はやかわ かつみ

京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部 芸術教養学科 准教授

東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。東京大学大学院 学際情報学府 文化人間情報学コース修了。「人と情報」・「人と空間」の適切な関係を構築するデザイナー、「学びを支援する環境をどのようにデザインすれば有効なのか」をテー マにした研究者、そして「身の回りの環境を常に新鮮な目で捉えるデザインの感性・知性を育む学び」を支援する教育従事者としての活動の有機的な連携に取り組んでいる。
詳しいプロフィール

マップづくりワークショップ
デザイン思考を体現するワークショップにてプレゼン作業に集中する社会人学生の様子
マップづくりワークショップ
ワークショップの様子。社会人学生は自らの意思で入学しているため、大変モチベーションが高い。
齋藤 啓子

萩原 修 はぎわら しゅう

明星大学 デザイン学部 デザイン学科 教授

埼玉県生まれ。国分寺育ち。武蔵野美術大学卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONEを経て独立。情報、場所、日用品などの企画、プロデュースを手がける。「つくし文具店」「コド・モノ・コト」「かみの工作所」「たまら・び」「東京にしがわ大学」「中央線デザインネットワーク」「国分寺さんち」などのプロジェクトを推進。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」など。
詳しいプロフィール

明星大学デザイン学部デザイン学科
http://meide.jp